印象派 ピックアップ名画

印象主義画家一覧

ピサロ(1830-1903)フランス/自然に対する謙虚な洞察と詩情が見られる、印象派の父 ドガ(1834-1917)フランス/多くの画家が色彩や光の表現に熱中していた時代に、ひたすら線を描くことに集中した ホイッスラー(1834-1903)アメリカ/印象派の画家たちと同世代であるが、色調や画面構成などには浮世絵をはじめとする日本美術の影響が濃く、印象派とも伝統的アカデミズムとも一線を画した独自の絵画世界を展開 モネ(1840-1926)フランス/光と色の揺らぎを瞬間ごとに描く、印象派を代表する巨匠 (1841-1919)フランス/「私の好きな絵画は、風景ならばその中を散歩したくなるような絵、裸婦ならばその胸や腰を愛撫したくなるような絵だ。」 モリゾ(1841-1895)フランス カサット(1844-1926)アメリカ カイユボット(1848-1894)フランス

各画家の代表作品

白のシンフォニー第1番-白の少女(1862年28歳)ホイッスラー 印象・日の出(1872年32歳)モネ/荒々しい筆致で光を描いた印象派誕生の作品 ゆりかご(1872年31歳)モリゾ ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会(1876年35歳)ルノワール/光の中で楽しく踊る人々を描く パリの通り、雨(1877年29歳)カイユボット エトワール(1878年44歳)ドガ/一瞬の光と動きを捉えている 井戸端の若い女と子供(1882年52歳)ピサロ 庭で縫い物をする若い女(1886年42歳)カサット
PAGE TOP